::: ドッグオーナーのパソコンを応援するページ :::
MENU

»001_ウイルス 1
002_ウイルス 2
»003_解像度の変更
»004_キャッシュのクリア
»005_推奨ブラウザ
»006_ClearType Tuner

コンピュータウイルス 2
» ■ ウイルス 1  ■ ウイルス 2  » ■ ウイルス最新情報 (シマンテックのサイトを別ウインドウで開きます)
 運悪くあなたのコンピュータがウイルス感染した場合、問題なのは「誰から感染した」ではなく、これで自分から「誰かに感染する」という事実です。すでに友人のPCへウイルスをプレゼントしているかも知れません。
「感染した」のは予防を怠った自分に責任があり、感染したこと自体を恥じるべきです。ウイルスを送ってきた人を恨んでも意味がありません。

ページ2について
ウイルスの第2ページ、ここでは、運悪く感染してしまった場合の対処を簡単に説明します。

ウイルスに感染した可能性のあるコンピュータのよくある症状
*起動が遅くなる。
*終了が遅くなる。
*送信した覚えの無い人から、あなたからメールが来たと言われる。
*メールソフトの送信済みトレイに覚えのない履歴がある。
*動作速度が極端に遅くなる。
*強制終了してしまう。
*メモリが不足する。
*画面上に覚えのないメッセージが表示される。
*画面上に覚えのない画像(アニメーション、絵、図形など)が表示される。
*画面上の表示が崩れる。
*勝手にインターネットに接続しようとする。
*ダイヤルアップの接続先が変更されている。
*アプリケーションプログラム(ソフトウェア)が起動しなくなる。
*データファイルが破壊される。
*覚えのないファイルが作成されている。
*アイコンが変更されている。
*勝手に音が鳴りだす。
*エラーメッセージが出る。
*プログラムファイルのサイズが大きくなる。
上記は、ウイルスと無関係のハードウェアやソフトウェアのトラブルとの区別が難しいケースがあります。ウイルスによるトラブルかどうかを見分けるためには、ウイルス対策ソフトを使用してコンピュータを調べてみるのが的確な方法です。

感染してしまったら
現状ではウイルス駆除ソフトを使うのが最も効果的です。
» ■ ノートン アンチウイルス (シマンテックのサイトを別ウインドウで開きます)
» ■ マカフイー ウイルススキャン (マカフィーのサイトを別ウインドウで開きます)
1ネットワークから隔離する(インターネットの接続線を外す。例えばDSLや電話線)
2上記などの駆除ソフトウェアを購入、インストールする。
3定義ファイルの更新をする。(最新のウイルスへ対応する準備)
4駆除ソフトを起動してコンピュータ全体をスキャン(診断)する。
5感染ファイルを感知したり、疑わしいファイルが見つかった場合は、削除かクリーンする。

今回のポイント
*ウイルスに感染したのは、自分の責任。
*感染したら「他人に感染しないように」が第一。
*ウイルスを駆除するまではインターネットをしない。接続を物理的に(配線を)外す。

» ■ ウイルス 1  ■ ウイルス 2  » ■ ウイルス最新情報 (シマンテックのサイトを別ウインドウで開きます)
- BIGDOGJAPAN.COM -